シロアリから守るための外壁塗装の大失敗

NO IMAGE

シロアリの被害を防ぐには、建物の乾燥を保つように床下の通気や排水をよくし、雨降りには注意する必要があります。キッチンや土台、風呂場などの湿気の多いところに使用する材は予防剤で十分に処理をし、基礎建材の周囲は土壌処理剤で処理をするとなりました。材の表面に塗布や吹き付けを行う方法では、防蟻剤は数ミリメートルしか浸透しないので、材の内部を食害された場合には、斜めにあけた穴から防蟻剤を内部に注入し、とくに基礎に接する部分や継手部分は十分に処理をします。外壁塗装の見積りとして業者には外壁だけを見てもらうことになりしっぱいしてしまいました。さらに、外壁は塗装をしてもらうことで外からのシロアリからの厄介な攻撃は無かったのですが、業者から見てもらうことがなかった家の内側からどんどんやられていきました。シロアリの被害は、木材を加害するだけではなく、コンクリート、プラスチック、ゴム、鉛などにも穴をあけ、海底ケーブルが海岸でイエシロアリに加害するとされていて、家屋の被害は建物全体に徐々に及んでいました。シロアリ、薬剤、建物に関する知識が必要で、社団法人日本シロアリ対策協会か、そこの資格試験に合格した防除処理施工士に相談し、駆除するとシロアリは家の中から消えていくということでしたがお金もかかるので、それはやめておきました。シロアリは外から駆除はできましたが、駆除剤で体調を崩したり、さらに、家を塗装して外回りなどの木材などを新しくした結果、また、家の中にシロアリが住み始めてしまい、駆除をしないといけないですし、また、リフォームをしないといけなくなってしまいまして、外壁塗装見積り大失敗してしまいました。